東京回遊魚

東京を身近に感じてもらえるようがんばるブログです

文京区ゆかりの文豪〜森鴎外編〜

文京区は、以前紹介した通り、アカデミックな土地柄が自慢です。特に、書籍に関係のある街並みであるので、自然、文豪との関わりが深くなります。そんなわけで、文京区ゆかりの文豪はたくさん存在しています。
今回はその文豪たちの中から、森鴎外と文京区の関わりについて紹介したいと思います。

 

さて、皆さんご存知の森鴎外ですが、彼は日本にいる期間のほとんどを文京区で過ごしています。
彼が、文豪である前に医者であったことは、周知のことかと思われます。彼は、文京区にある東京大学医学校予科(現在の東京大学医学部)に年齢を偽って(!)入学しました。そして、紆余曲折あり、ドイツに行ったり、台湾に行ったりしました。語学が堪能であったその能力を生かし、かなりの活躍を見せていたようです。

 

そんな活躍を見せた彼のことを、ずっと待ち続けていたのは、文京区にあった家たちでした。
彼は、駒込千駄木街57番地に家を借ります。現在、この家は通称「猫の家」と呼ばれています。なぜか。なんと、彼が入居したその後にあの夏目漱石が「我輩は猫である」を執筆した家だからなんです。なんとも不思議な巡り合わせだと思いませんか?
さて、その後、彼は同じく駒込千駄木街21番地に引っ越します。これが彼にとって、その生涯を終えることになる家となりました。
ここの二階を、彼は「観潮楼」と名付けました。東京湾の潮の満ち引きを観測できるから、という意味でのことでしょう。(但し二階なので、「楼」と呼べるか疑問ですが……。)ここには、森鴎外と親交の深かった数々の文豪が集い、会合を開いていたようです。

 

この観潮楼自体は、火事によって焼失してしまいましたが、敷石等は残っています。その跡地を使い、現在は「文京区立森鴎外記念館」が置かれています。様々な肩書きを有し、マルチな活躍を見せていた森鴎外について、様々な展示を用いながら紹介する記念館です。
以下がその記念館のホームページです。興味のある方、ぜひご覧になってみては?きっと涼しいですよ。

moriogai-kinenkan.jp

 

以上です。最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございました。

御茶ノ水 その名の由来

私の好きな街の一つに、お茶の水があります。高名な病院、いくつもの大学が立ち並ぶ、アカデミックな街並みな一方で、楽器屋や、全国からマニアを集める料理店などが密集していたりする、いろんな文化が混ざり合った不思議な雰囲気を持つ街です。坂を下りていくと神保町、古本屋が立ち並ぶ趣ある街並みになります。私はこの御茶ノ水〜神保町の街並みが、様々な文化の坩堝のようでとても好きです。
さて、そんなカオスな街御茶ノ水ですが、そもそもなぜ「御茶ノ水」という名前が付いているのでしょうか。今回はそれについて調べてみました。

御茶ノ水」という名前から感じられることは2つあります。一つ目は、文字通り「茶の水」として使われた何かが存在していたこと。そして、その名前に敬称がついていることから、何らかの高貴な人間に関わるものではないかということです。
御茶ノ水は、中央を神田川流れる、渓谷のような雰囲気を持つ街です。これがこの街を面白い景観にしています。この水路は、神田川の放水路として、江戸川幕府2代目将軍、徳川秀忠が切り開いたものです。
この「徳川秀忠」が、今回のキーパーソンです。

  • 結局のところ・・・・・・

徳川秀忠は、かつての将軍の例に漏れず、鷹狩りを趣味として行なっていたようです。その折、当時御茶ノ水にあったお寺に立ち寄り、そこの茶を飲んだところ、その美味しさに感動した。それ以降、徳川家の御用達の茶水として利用されるということになったようです。そのことから、「御茶ノ水」という名前が付いたということです。

かつての御茶ノ水は、神田川の清流が流れる、豊かな土地だったのですね。現在の川は緑色になってしまっていて、少々残念です。何とか頑張って改善してほしいとところではあります。

 

以上です。
ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございました。

文京区歌に見る地味キャラの本気


みなさまおはようございます。夏本番、いかがお過ごしでしょうか。私は、夏休みが始まったこともあって、快適に過ごしております!休み最高。人生最後の自由な夏休み、満喫したいと思います。

 

さて、今回は、我らが文京区の「区歌」について調べていきたいと思います。
皆さまは、ご自分の住まわれている自治体の「歌」を、ご存知でしょうか。国歌や、校歌は知っていても、「区歌」をご存知の方はあまりおられないかもしれませんね。私が初めて文京区の区歌に触れたのは、小学生の時でした。子どもながらに「すごいなこれ」と思ったことを覚えております。
以下が、その歌詞であります。

1.ああ大江戸のむかしより ここは学びの土地にして
紅の塵ちかけれど 緑の丘はしづかなり
書読む窓の多(さわ)なれば 家おのづから品位あり
都は文化の中心地 わが区は都の文京区
2.今新時代(あらたよ)の朝未明(あさまだき) 自由民主の鐘の音に
人は巷に迷へども 我等が隣安らへり
もの知る人の多なれば 町おのづから平和あり
都は文化の中心地 わが区は都の文京区

ーーー文京区歌は、昔からの歴史と文化のある「文教の府」としてのイメージと、新しいまち「文京区」への期待をこめて、昭和26年3月1日に制定されました。
この区歌は、当時区内に住んでいた詩人・佐藤春夫氏に作詞を、また作曲家・弘田龍太郎氏に作曲を依頼し完成したものです。
区民の皆さまに愛される歌として、広くご利用いただければ幸いです。ーーー

(文京区役所ホームページより)

 

いかがでしょうか。あの -地味な- 文京区とは思えない、自信満々な歌詞ではないでしょうか?イケイケですよね。
私は、何回見ても「ちょ、ちょっと、その……マウントきつくない!?」と感じてしまいますね。大丈夫なんでしょうか。(何が?)
二回繰り返される「都は文化の中心地 わが区は都の文京区」にパワーを感じます。「私たちが!文化の中心地だ!」という勢いが、地味キャラの本気っぽくて愛おしく感じませんか。


やはり文京区は、都心の喧騒の中にありながら、その流れにのまれることなく、本をたくさん読み、知恵を豊富にもつ区民性(?)が自慢なんですね。私もその意思を汲んで心を入れ替え、アカデミックな人間になりたいと思います。

 

ちょっとニッチな記事になってしまいました。ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございました!

【千駄木】妖店通りでこの世とあの世の狭間に迷い込む

みなさま、おはようございます。今日の東京は何度か小雨を感じる曇り空。過ごしやすい一日となりました。いつもこうだと良いのですが……。

さて、本日は、東京【千駄木】にて開催されました、「妖店通り商店街」の訪問レポをやっていきたいと思います。どうぞお付き合いください。

「妖店通り商店街」とは、何か。
「各所で再開発が進み、昭和の風景が消えていきます。
次々と出現する高層ビルに近代的な建物、一箇所でなんでも揃う複合施設。
都内に古くからあり、人々の生活を支えてきた商店街の多くはシャッターが目立つようになりました。
数年後、数十年後に商店街を残していくためにはどうしていくべきか。
よみせ通りでは若手を中心に定期的に会議の場を設け、
意見を交わし試行錯誤しながら様々なイベント等を企画・実施しています。」(妖店通り商店街ホームページより)
地域に根付く、暖かな商店街文化。その文化を、後世に残したい。この町並みを失いたくない。そんな地元住民の方々の気持ちから、このイベントが生まれました。「よみせ通り」が、期間限定で、「妖店通り」として、人間と妖の共存する世界となる。それがこのイベントのコンセプトです。

f:id:Yu0701:20170724173029j:plain

今回私は初めてこのイベントに足を運びましたが、その雰囲気の独特さに驚きました。まず、千駄木の街並みそのものが、とても庶民的で、極めて懐かしい昭和チックなものだったのです。(私は平成生まれなので、この表現が正しいかは微妙ですが……)

f:id:Yu0701:20170724173916j:plain

それに加えて、細い商店街の通りに並べられた、独特の世界観を持った出店。みたところ、狐面を売っているお店が一番多かったように思います。他にも、妖怪の描かれた札やTシャツなど、趣向を凝らした面白い商品が多々並んでいました。訪れている人々も、思い思いの妖怪のコスプレをしたり、狐面をつけていたり等、不思議な雰囲気に全身を包まれるような、まさに、良い意味で「狐につままれた」ような心持ちになりました。

 

f:id:Yu0701:20170724173229j:plain

f:id:Yu0701:20170724173318j:plain


路上では紙芝居も行われていました。お恥ずかしながら、私はこの「自転車の後ろに紙芝居の道具をくくりつけて行う紙芝居」というものを今まで見たことがなかったのですが、演者の方の言葉の巧みさ、一人で何役もこなすその力量に驚かされ、思わず見入ってしまいました。前で見ている子どもたちも、静まり返って、語り手と紙芝居を凝視していました。演目は耳なし芳一。小さい子供には、ちょっと刺激が強かったかもしれませんね笑

 

f:id:Yu0701:20170724174102j:plain


昭和の街並みを体験できたことに加え、その独特な世界観に浸ることができました。魅力的な妖怪の方々(?)をたくさん見ることもでき、まさに夏にふさわしい、ほんのりひんやりとした素敵な体験ができたと思います。また来年も行ってみたくなりました。
次回は10月!ハロウィンですね。皆様も、この世とあの世の狭間に、足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。帰り道はきちんとお確かめくださいね。

 

以上です。ここまで読んでいただき、本当にありがとうございました。

【文京区】文京朝顔・ほおずき市ノススメ

みなさまこんにちは。暑い日々が続きますね。体調管理には是非お気をつけくださいね。私は最近プールにはまっていて、よく泳ぎに行くようになりました。程よい疲労感が得られて、とっても気持ちいいですよ!何より涼しい。これ大事。

 

さて、本格的な夏の訪れを感じる時期。今回は、そんな夏の暑さを紛らわせてくれるような、涼しげなお祭りについて紹介します。
その名も「文京朝顔ほおずき市です。


朝顔!皆さまは、小学生の頃、家や学校で朝顔を育てた経験はおありでしょうか。私はあります。学校に着いたばかりの早朝、綺麗に咲いた朝顔に、クラスのみんなで水をやったこと。夕になる頃には花がしぼんでしまったこと。今でも覚えています。幼ながらに、季節らしい感傷を感じていたように思います。日本人にとって、夏の風物詩とも言えますね。そしてほおずき。実を包むように膨らんだがくの鮮やかさ。一目で視線を奪われます。吹くと音がするので、子供達の遊び道具にもなりますよね。好奇心から袋を破って中を見てみると、中にはなんとも愛らしいオレンジ色の実が身を潜めているのでした。なんとも不思議な魅力のある植物ではないでしょうか。

 

この朝顔とほおずきを買える、さらに様々なイベントが予定されている。それが来たる7月22日、23日に行われる、「文京朝顔ほおずき市」なのです。要チェックです!
朝顔市は、徳川公ゆかりの寺院、「伝通院」にて行われます。どうして縁なのか?それは、徳川家康公の生母、於大の方を始めとした、徳川に血縁をもつ人々が、この伝通院を菩提寺としているからです。(傳通院、という名前自体が、於大の方法名から来ています。)朝顔市の喧騒に疲れたら、これらの墓碑を見てみるのも良いかもしれません。朝顔市では、朝顔鉢の販売の他に、飴細工販売などの出店、寄席なども計画されています。盛りだくさんですね!


対してほおずき市は、「こんにゃくえんま」とも呼ばれる「源覚寺」で行われます。こんにゃくえんまというのは、源覚寺に存在する閻魔像の「あだ名」です。この像は右目が黄色く濁っているのですが、それにまつわる面白い伝承から来ています。「あるところに、眼病を患った老婆がいた。その老婆が、毎日この閻魔に祈りを捧げたところ、夢に現れた閻魔が『私の片目をあげよう』と言い、その通り老婆の目は治癒した。以降、老婆は感謝の念を伝えるため、自身の好物であったこんにゃくを食すことなく、えんまに供え続けた」というものです。今も、眼病への利益を求め、こんにゃくを供にくる方がおられるようです。そんな、一度聞いたら忘れられない名前のえんま様に、「一目」会って「見」てはいかがでしょうか。こちらも、ほおずき販売の他に、各種出店等が計画されているようです。焼酎も飲めるんですってよ!一杯いかがでしょうか。

 

魅力いっぱい、涼しげ爽やか。そんな「文京朝顔ほおずき市は、今週末土日(7月22日、23日)各寺院にて開催されます!コンクリートジャングルの中、いっときの安らぎを探しに、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

以上です。ここまで読んでいただき、本当にありがとうございました!

 

 

【水道橋】東京ドームについて

皆様は、東京ドームに行ったことがおありでしょうか。様々なアーティストのライブ、プロ野球の試合、イベントなどなど、様々な使われ方をしている、まさにマルチなスタジアム。それが東京ドームです。今回は、そんな東京ドームや、その周辺を取り囲む東京ドームシティについて、詳しく見ていきたいと思います。

 

東京ドームとは、東京都文京区にあるドーム型野球場です。元は後楽園競輪場だった場所に建設されました。1988年に開場したスタジムで、当時は日本初の屋根付きの球場として話題になりました。東京ドームの周囲は、東京ドームシティという複合施設、遊園地になっているのですが、その中心となる建造物です。ここで驚きの新事実。この東京ドームには、なんと公式の愛称があるようです。その名も「BIG EGG」。……聞いたことがありませんね(笑)アメリカの某都市のような響きです。意識したんでしょうか。しかし、一般にはウケなかったようですね。

皆様お馴染みの野球球団、巨人軍のホーム球場で、巨人戦をよくここで行なっています。それだけではなく、パリーグの試合や、国際試合、都市対抗野球などの試合も行われています。近くには巨人軍をはじめとした野球グッズ販売店、野球ミュージアムなどもあり、日々賑わいを見せています。
ホームランが出やすいという噂のある球場です。その理由は、ホームベースからフェンスまでが近いから、風がないからなどと言われています。個人的には、ドームごとに規格を変えてもいいという点に驚きが隠せません。ずるいのでは……?
その利用シーンは野球だけではなく、あらゆるアーティストの憧れの舞台でもあります。ドームライブは、必要とされる来客数が多いなどリスクがあるので、かなりの人気アーティストでないと成功させることが難しいと言えます。ドームライブを成功させることは、アーティストのステータスとなり得るということですね。この7月には、嵐や韓流アイドルのライブが予定されています。大変な混雑になりそうです。

東京ドームは、 BIG EGGを中心として一つの小さな街になっており、アトラクションやゲームセンター、服屋、レストラン、バッティングセンターなどありとあらゆる娯楽施設を併合しています。小さい子には、後楽園遊園地時代から続くヒーローショーやアトラクション、大人には、東京タワーの脚の角度と同じ急直下が体験できるジェットコースター「サンダードルフィン」、夜景を一望できる観覧車、「ビッグオー」や、買い物のできるショッピングモールなどが人気です。都会の真ん中にある遊園地はかなり珍しいのではないでしょうか。
学校帰りや休日、ちょっと遊びたいけど遠出は難しい。そんな方にぴったりの娯楽施設と言えますね。皆様も、都会の遊園地で楽しいひと時を過ごされてはいかがでしょうか。

 

以上です。ここまで読んでいただき、本当にありがとうございました。

【湯島】湯島天満宮について

 

おはようございます。
いよいよ日本に夏が来る、といった感じですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。体調に気をつけながら、夏を満喫する準備をなさっていることかと思います。私も夏服を購入するべく金策に勤しんでおります。なかなか厳しいです……。

さて、今回は、東京都文京区にあります神社、「湯島天満宮」について、調べていきたいと思います。お付き合い宜しくお願いします。

湯島天満宮とは?
湯島天満宮とは、東京都文京区に位置する神社です。通称「湯島天神」。こちらの名前の方がよく聞きますね。皆様の中にもこちらの名前の方が馴染み深い方がいらっしゃると思います。
その歴史は古く、なんと458年に、天皇の勅命を受けて建立されたと言われています。
江戸時代より高名な神社で、東京を代表する神社の一つとして知られています。亀戸天神社谷保天満宮とともに、関東三大天神の一つとして数えられています。毎年、様々な人々が来訪していますが、特に受験生とその家族たちによる来訪が全国各地から見られます。その理由は、日本で一番有名な学問の神様、「菅原道長公」を祀っているから。1355年に、住民の請願を受け、かねてから存在していた湯島天満宮菅原道真を勧願し合祀したそうです。徳川家からの崇敬を受け、その権威を確立した湯島天満宮。文化人も度々訪れ、崇敬を集めていました。また、その一方で、幕府公認の「富くじ」も発行していました。これは、現在の宝くじのようなもので、庶民の間で人気を博していました。様々な人々から愛される神社、それが湯島天満宮なんですね。

f:id:Yu0701:20170702170929j:plain

湯島天満宮正面。風格があります。

 

学問のお徳がある神社、湯島天満宮ですが、魅力はそれだけではありません。古くから、「梅の名所」としても高名でした。道長公が好きだったと言われている梅が咲き誇る景色は、今も昔も多くの人々を引きつけています。その美しさは、学者や文化人に大きなインスピレーションを与えました。泉鏡花による小説、「婦系図」は、ここ湯島天満宮を舞台にして書かれたものです。現在も梅祭りが初春に催され、約45万人の参詣者が訪れているようです。

私も中学受験、大学受験という大勝負に臨む際に、家族と一緒にお参りにいったことがあります。とても落ち着いた、雰囲気のある神社で、古より続く神秘的な何かを感じることができたのを覚えています。そのお徳があってか、2回とも合格させていただきました。受験生や何か資格を取りたい方、ここ一番という時に、ぜひこのパワーを分けていただき、頑張らせていただきましょう。


以上です。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。